赤ちゃんモデル無料

赤ちゃんモデル無料で気軽に体験するための3つの方法をご紹介♪

このページでは、無料で赤ちゃんモデルを体験したい!と考えている方に向けて書いています。
あなた自身が、どんな思いで探しているのか?
タイプ別に知りたい場合には、まず以下の記事を読んでみてください

 

さて、多くの方が注目している「赤ちゃんモデル」。

 

「本気で赤ちゃんモデルを目指している」
「我が子を有名子役にしたい!」

 

という高い目標を持って
積極的に活動をしている方がいる一方、

 

「赤ちゃんモデルってどんな感じなのだろう?」
「芸能界には興味ないけれど赤ちゃんモデルを経験してみたい」

 

など、

 

純粋な興味
子供の成長記録

 

として「赤ちゃんモデルの体験」をしてみたいと感じている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

「赤ちゃんモデル」として

 

撮影現場に赴く
プロのカメラマンに撮影してもらう
我が子の写真が多くの人の目に触れる媒体に掲載される

 

というのは、
普段の生活では味わえない貴重な経験。
きっと家族の素敵な思い出になるのは間違いありません。

 

そこで今回は気軽に応募可能な
「赤ちゃんモデル体験ができる企画」をご紹介していきます。

 

「思い出作り」がしたい方はもちろんですが
「赤ちゃんモデルを目指すかどうか迷っている」という方が
ご自身の気持ちを確かめるためにチャレンジするのもおすすめですよ♪

 

 

「赤ちゃん時計」の企画に参加

 

「キッズ時計」って知っていますか?

 

「キッズ時計」は、
時間を示しているボードを持った子どもたちの写真が表示されて
「現在時刻」を教えてくれるという、とても素敵な「時計アプリ」。

 

このアプリ内で使われる「モデルとなる子ども達」は
一般公募で募集されているため誰でも気軽に応募ができるのです!

 

応募方法はとても簡単。

 

まずはスマホで
「キッズ時計」のサイトにアクセスし

 

専用アプリを、ダウンロードしましょう。
アプリをダウンロードした後は、

 

参加したい企画
(キッズ時計には様々な企画があります)

 

をチョイスし、

 

必要事項の入力
応募写真のアップロード

 

を行い、送信します。

 

この送信データをもとに「書類選考」が行われ、
これに合格すれば「撮影会」に参加できますよ。

 

ベビー雑誌の「読者モデル」に応募する

 

みなさんが一度は手に取ったことがあるであろう
人気赤ちゃん雑誌の

 

『ひよこクラブ』
『1歳2歳のひよこクラブ』
『Baby-mo』

 

これら3誌は、常に「赤ちゃんモデル」を募集しているようです。
応募者は決して少なくないと思われますし
選ばれる数にも限りがあるので、採用率は高くないかもしれませんが、

 

ネットから手軽に応募できる
採用されれば「赤ちゃんモデル」体験ができる
販売部数が多いため、たくさんの人に見てもらえる

 

など、メリットもいっぱい!
以下のサイトからエントリーできるので
興味のある方は挑戦してみてくださいね♪

 

 

>『ひよこクラブ』の読者モデルの応募フォーム

 

 

 

 

『Baby-mo』のベビーモデルに応募をする方はコチラ
※応募に際して「Milly」に登録をする必要があります

 

 

「写真の掲載」だけでOKであればコンテストや広報誌やタウン誌への応募も

 

プロに撮影をしてもらえる
「赤ちゃんモデル」としての扱いを受ける

 

という部分からは外れてしまいますが、

 

「多くの人が目にする媒体に我が子の写真を載せたい」

 

という気持ちが強い方は、様々な企業が行っている

 

赤ちゃん写真コンテスト

 

に挑戦してみたり、

 

地元自治体の広報誌
タウン誌
フリーペーパー

 

などの、
「赤ちゃんの写真を紹介するコーナー」
に応募してみるのも手。

 

特に「広報誌・タウン誌・フリーペーパー」は
発行数が限られる分、応募者も限定され
「採用」される率が高めな可能性もあるので狙い目かも知れません!

 

【参考】
2019年11月12日現在で応募可能な
「赤ちゃん写真コンテスト」等でおすすめなのは以下の3つです♪

 

メグミルク「ぴゅあ&たっち」赤ちゃん写真コンテスト

 

 

Eテレ「すくすく子育て」の「すくすく写真館」で紹介する写真の募集
※ページの下の方

 

花王&メリーズ スマイル&ピースキャンペーン

 

赤ちゃんモデル=芸能活動
というイメージを抱いてしまいがちですが、
軽い気持ちで体験できる企画もたくさんあります。

 

応募方法も簡単ですので、
気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

きっとこの経験は「大切な思い出」として、
いつまでも心に残っていくと思いますよ★

 

 

page top